柿原翔樹-高校1年生で4番を担った

柿原 翔樹

かきはら・しょうき
生年月日:1993年4月23日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:176cm/76kg
ポジション内野手
出身  :福岡県
ドラフト:2011年育成2位
経歴  :鎮西高校-オリックス・バファローズ(2012~2013)

※一軍出場なし

概要

高校1年生で4番に座った選手。高校時代はエース兼4番として活躍し、140kmを投げた。

2011年のドラフトで育成2位指名を受けてオリックスへ入団。プロでは内野手としてプレーすることになった。

1年目の2012年は二軍で2試合に出場し、打率.000。2年目の2013年に20試合、25打数で打率.280、0本、5打点と結果を残したが、オフに戦力外通告を受けて退団した。

成績を上げたにも関わらず戦力外となったのは不運だったが、理由はなんだったのか。二軍では一塁と三塁を守ったが、このポジションの割には長打力が不足していると見られたか?

退団後はアメリカの独立リーグでプレーした。

 

野手「か」へ

2013年退団選手一覧へ

【2011年 オリックス指名選手一覧】
1位:安達了一 2位:縞田拓弥 3位:佐藤達也 4位:海田智行 5位:庄司龍二 6位:堤裕貴 7位:小島脩平 8位:川端崇義
育成選手 1位:稲倉大輝 2位:柿原翔樹