剛速球リリーフ–佐藤達也

f:id:thomapoke:20210902110441j:plain

佐藤 達也

さとう・たつや
生年月日:1986年7月26日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:178cm/77kg
ポジション:投手
出身  :埼玉県
ドラフト:2010年ドラフト育成2位
経歴  :大宮武蔵野高-北海道東海大-ホンダ-オリックス・バファローズ(2012〜2018)
持ち球 :ストレート(最速155km)、スライダー、フォーク(アマチュア時代はチェンジアップも投げた)

f:id:thomapoke:20210902110503p:plain

概要

目が覚めるような剛速球で名前を売ったリリーフ右腕。

社会人のホンダで1年目から登板を重ね、ドラフト候補として話題に。筆者が見たときは外角高めに150kmを超えるストレートを小気味良く投げていた。変化球はスライダー、フォーク、チェンジアップの3球種。だが、メインはあくまでもストレートの速球派だった。 

2011年のドラフトでオリックスから3位指名を受けてプロの道へ。即戦力リリーフとして期待された。

だが、1年目の2012年は春先一軍へ上がるも不調ですぐ二軍落ち。8月後半に一軍へ復帰してからは好成績を残したが、シーズン14試合の登板に留まった。それでも最速152kmを誇る自慢のストレートを印象付けることは出来た。さらに、21回を投げて23奪三振と、イニング以上に三振を奪った点は見事。防御率も3.43と悪くなかった。

2年目の2013年になると一気に才能が開花。開幕一軍入りすると、ほとんど安定して1年を投げ抜き、67試合、40ホールド、防御率1.73の成績を残し、最優秀中継ぎのタイトルまで獲得した。

この年はストレートの投球割合が75%、スライダーの投球割合が21%と、ほぼこの2球種しか投げなかった。そのうえで78回を投げて88奪三振奪三振率10.15をマークしたのだから見事。

翌2014年も勢いそのまま67試合に登板し、42ホールド、防御率1.09と圧倒的な成績を残して2年連続となる最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。この年も投球の70%がストレートで、26%がスライダーと、ほぼ2球種しか投げなかったが74回1/3で85奪三振。この事実が佐藤のストレートの威力を物語っているように思う。

たださすがに投げすぎたか、4年目となる2015年は春に2度腰痛で登録抹消があった。8月から一時抑えを任されることがあったものの、59試合を投げて2勝7敗、13セーブ13ホールド、防御率3.22と成績悪化。それでも58回2/3を投げて77奪三振と、例年通り三振は奪っていた。

5年目の2016年は43試合を投げて1勝4敗12ホールド、防御率5.01とさらに成績低下。7月には丸々1ヶ月登録抹消されるなど、不調の場面が目立った。

この年は制球が悪く、41回1/3を投げて36与四球。与四球率7.84と走者を出してしまっていた。 53奪三振とイニング以上の三振を奪っていたが、ここまでコントロールが悪いと仕方ないか。

翌2017年は12試合と登板機会が減り、防御率も7.30。12回1/3を投げて12奪三振と、イニングと同数の三振は奪ったが、ここまで打たれると厳しい。シーズン初登板となる楽天戦で1回1/3を投げて5失点と炎上するなど春夏は打たれていたが、10月は4試合投げて無失点と来季に希望を繋いだことが救いか。

しかし、7年目となる2018年は一軍登板0。二軍では33試合、30回2/3を投げて防御率2.64、30奪三振と好投を見せたが、オフに戦力外通告。そのまま引退し、オリックスの球団職員へと転身した。

テレビで見ていてもはっきりとノビの良さがわかるストレートは見ていて楽しかった。成績が悪かった2017年もストレートの球速こそ落ちたが、ノビは変わっていないように見えただけに、通用しなかったことは残念。ストレートとスライダーだけでなく、フォークなど他の変化球も操ることが出来ていれば、2016年以降の成績も変わっていたかもしれない。

最後に、2013年のオールスターでは全球ストレート勝負を挑んでいた。これもストレートに自信を持っていればこその投球か。 

 

投手「さ行」へ

2018年退団選手一覧