石川貢-チャンスが欲しかった外野手

石川 貢

いしかわ・みつぐ
生年月日:1991年6月16日
投打  :右投げ左打ち
身長/体重:180/85kg
ポジション:外野手
出身  :愛知県
ドラフト:2009年4位
経歴  :東邦高校-埼玉西武ライオンズ(2010~2015)

概要

強肩と50m5秒台の俊足を誇った外野手。

東邦高校から2009年にドラフト4位指名を受けて西武へ入団。前述の身体能力の高さから、1番打者として育つことが期待された。

1年目の2010年は二軍で94試合に出場し、打率.204、3本、21打点、4盗塁と、出場機会を得て、パワーと脚の速さを少し見せた。

さらに2年目に83試合、打率.260、3本、15打点、10盗塁と成績を上げると、3年目の2012年に一軍初出場。7試合で打率.222、0本と打撃はいまひとつだったが、2盗塁と持ち味を発揮した。

しかし、同年は9月16日の初スタメン試合で右手に死球を受け、チームを離脱。二軍でも94試合、打率.274、4本、24打点、27盗塁と活躍し、順調に来ていただけに、これはもったいなかった。

4年目の2013年は開幕一軍入りを果たしたが、16試合で打率.130と打撃不振。二軍で83試合、打率.204、3本、20打点、18盗塁と一歩後退のシーズンだった。

それでも、翌2014年に二軍で打撃覚醒。93試合で打率.324、6本、31打点、28盗塁を記録し、イースタン盗塁王にも輝いた。

しかし、一軍では3試合のみの出場に留まるという悔しいシーズンに。打率こそ.000だが、チャンスが与えられてもよかったように思う。このシーズンは、栗山巧秋山翔吾森本稀哲大崎雄太朗と外野のライバルが多かったことも不運だった。

そして、翌2015年は一軍出場がなく、二軍で96試合、打率.257、2本、31打点、16盗塁という成績で、オフに戦力外通告を受けて引退。

二軍で結果を残していただけに、もったいなかった選手。外野が手薄のチームにトレードされてもよかったのではないかと思う。きっかけさえあれば、俊足と強肩、巧打を活かし、レギュラーを掴むことも出来る選手だったが。

 

野手「い」へ

2015年退団選手一覧へ

【2009年 西武ドラフト指名選手
1位:菊池雄星 2位:美沢将 3位:岩尾利弘 4位:石川貢 5位:松下建太 6位:岡本洋介