竹下潤-本人も驚きのドラフト1位

竹下 潤

たけした・じゅん
生年月日:1969年7月12日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:184cm/80kg
ポジション:投手
出身  :静岡県
ドラフト:1991年1位
経歴  :静岡市立商業-駒澤大学-西武ライオンズ(1992~2003)
球種  :ストレート、縦に割れる緩いカーブ、フォーク

概要

1991年にドラフト1位で西武へ入団した左腕。駒澤大学時代は若田部健一の控えだったため、周りも本人もドラフト1位をまったく予想していなかったようだ。

プロ1年目は5試合に投げて1勝を記録したが、防御率10.24と散々。9回2/3を投げて与四球12ととにかく制球が悪かった。

だが、同年、二軍では19試合、5勝1敗9セーブ、防御率3.22の成績を残し、イースタン最高勝率に輝いている。

しかし、一軍では2年目、3年目も一桁登板に終わり、成績もさっぱり。大卒ドラフト1位としては不十分な働きしかできなかった。

4年目となる1995年は一軍で29試合に登板。主にリリーフで投げ、防御率2.42とまとめた。5暴投があったようにやはり荒れ球だったが、81回2/3を投げて75奪三振と球の威力を見せた。

翌1996年は29試合、防御率5.53とあまりいい成績は残せなかったが、1997年から1999年は20試合以上リリーフで登板し、防御率3点台とそこそこの結果を残した。

しかし、2000年の開幕直後に左肩痛を発症すると、それ以降は登板が一桁台に激減。メインの投球をカーブ中心からフォーク中心にするなど、ピッチングに変化をつけたようだが、実らなかった。

二軍では2002年に21試合に投げて防御率2.08と結果を残していたが、一軍での登板が0に終わった2003年のオフに戦力外に。

引退後はセールスマンへと転身したが、2008年から西武のスカウトへ就任している。

現役時代は、縦に割れる、110km台の緩いカーブを武器とした。また、ストレートの球速は140km台前半ほど。

 

投手「た」へ

2003年退団選手一覧へ