加藤初-鉄仮面の投手

加藤 初

かとう・はじめ
生年月日:1949年12月20日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:175cm/72kg
ポジション:投手
出身  :静岡県
ドラフト:1971年ドラフト外
経歴  :吉原商-亜細亜大学-大昭和製紙-西鉄ライオンズ(1972~1975)-読売ジャイアンツ(1976~1990)
球種  : ストレート、シュート、カーブ、フォーク、スライダー

概要

大昭和製紙からドラフト外西鉄に入団。これは実力が足りなかったからではなく、プロから高く評価されていたが、会社との関係でドラフト指名での入団ができない事情によるものだった。

 

その実力どおり、1年目の1972年から17勝をあげる活躍をみせ見事新人王に輝いた。この年はセ・リーグの新人王も同じく大昭和製紙出身の安田猛だった。

 

この頃はノビのある速球と小さいカーブ、シュートを投げていたようだ。また、制球があまりよくなかったことも記録から見て取れる。

 

河村英文コーチが在籍していた1973年まではどうやらスリークォーターで投げていたようだが、河村コーチ退団後はオーバースローにしていた。

 

その後、1975年オフに伊原春樹と共に、関本四十四玉井信博とのトレードで巨人に移籍。移籍初年度の1976年にいきなりノーヒットノーランを達成する活躍を見せた。

 

この頃は杉下茂コーチに言われて投法をスリークォーターに戻していた様子。また、杉下コーチに教えられたのかどうかはわからないが、この頃にはフォークも投げていた。

 

1976年以降も先発ローテーションの一角として投げ続けたが、成績を見る限り、やや隔年気味に活躍する傾向がある。

 

1983・1985年の映像を見ると確認できる限りでのMAXが144km。平均的な球速は140km前半といったところ。

シュートも速球と同じくらいのスピードで、110km台、120km台のカーブ、130km台のフォークを投げている。

加藤の投球技術を補足すると、牽制が上手であった。

 

1983年頃には右腕の血行障害に悩まされていたが、翌1984年は10勝と復活。1985年は成績を落としたが、1986年は14勝と成績を上げた。ちなみに同年からはスライダーも投げるようになっている。

 

晩年にはさすがに年齢が年齢なだけあり成績も落ちていたが、アンダースローに挑戦するなどの試みを行っていたようだ。

1989年に投手コーチを兼任するようになったが、 4試合の登板に終わると翌年もわずか6試合の登板に終わり、この年限りで現役を引退した。

 

引退後は西武、韓国、台湾でコーチを務めたが、2016年に癌で亡くなった。66歳だった。

 

投手「か」へ

1990年代退団選手一覧へ