田端謙二郎-孫が女子プロ野球選手に

田端 謙二郎

たばた・けんじろう
生年月日:1946年5月8日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:178cm/73kg
ポジション:投手
出身  :熊本県
ドラフト:1965年1位
経歴  : 鎮西高校-電電九州-近鉄バファローズ(1966~1971)
球種  :ストレート、カーブ、シュート

概要

社会人時代は大分鉄道管理局の補強選手として1965年の都市対抗に出場。全鐘紡を相手に勝ち星をあげるなどの活躍を見せた。

その後、同年の第1回ドラフト会議で近鉄から1位指名を受け、近鉄へ入団。19歳という若さで、2位の鈴木啓示よりも上の順位だった。

将来を期待されたが、1年目にコーチ陣から開幕に間に合うように急かされたせいで、肩を痛めてしまう。その状態で、開幕5試合目の阪急戦に登板したが、1回2/3を投げて被安打2、四球1、自責3の成績で降板した。

結局ルーキーイヤーはこの1試合のみ。その後は肩の治療にあたるために二軍ではピッチングをせず、シーズンの大半を熊本の実家で過ごした。

2年目となる1967年はオープン戦から好調で、5月14日の西鉄戦では初勝利を完投で達成。相手先発・稲尾和久を相手に白星を挙げる活躍を見せた。ちなみに、成績は被安打5、奪三振6、四死球2、失点1というもの。

しかし、白星をあげたのはこの試合のみで、その後の成績はさっぱり。1969年以降は一軍登板がなく、1971年限りで現役を引退し、打撃投手兼スコアラーへ転身した。

ちなみに、現役最後の方は二軍では活躍が見られたようだが、詳しい成績はわからない。

退団から40年以上経った2018年、第8回WBSC女子野球ワールドカップでひさびさに田端の名前が注目された。

孫で女子プロ野球選手の田端凛々花捕手が、代表選手となったのだ。祖父の田端謙二郎は怪我により目立った活躍を残せなかったが、その才能は孫に受け継がれている。

落差のあるカーブとシュートを投げた選手で、投法はサイドスローだったようだ(未確定)。だが、インターネットにはオーバースローという情報もあり、詳細不明。

 

投手「た」へ

1970年代退団選手一覧へ