堀場秀孝-エリートコースを歩んだ捕手

堀場 秀孝(堀場英孝)

ほりば・ひでたか
生年月日:1955年6月26日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:178cm/83kg
ポジション:捕手
出身  :長野県
ドラフト:1982年ドラフト外
経歴  :丸子実業-慶応大学-プリンスホテル-広島東洋カープ(1983~1986)-横浜大洋ホエールズ(1987~1989)-読売ジャイアンツ(1990)

概要

高校時代から甲子園に出場するなどの活躍を見せた捕手。その後、1年浪人して慶應義塾大学へ進学。

六大学でもベストナインを獲得するなど、順調な野球人生を進んだ。大学卒業後は社会人の名門・プリンスホテルへ入社。

だが、ここでは中尾孝義金森栄治の陰に隠れてしまい、捕手としての出場は少なくなった。どうやら一塁などでの出場が多かったようだ。エリートコースを歩んでおり、有名な選手だったが、ここで少し足踏みをした。

1982年オフにドラフト外で広島へと入団。実績がありながらこのドラフト順位だった理由は、社会人で目立った活躍を見せられなかったからだろうか。大学卒業後に即プロ入りしていれば、上位指名だったかもしれない。

広島時代は達川光男がおり、正捕手になることができず、1986年オフに早くも戦力外通告を受けた。しかし、一時期広島で監督を務めた、古葉竹識監督に拾われて大洋へと入団。

移籍1年目となる1987年には自慢の打力を活かし、45試合、打率.266、3本、12打点の活躍を見せた。この時は5番での出場もあり、打力が期待されていたようだ。

しかし、翌1988年は代打がメインとなり、45試合、打率.295、0本、10打点という成績。打撃はよかったが、正捕手のポジションは遠のいてしまった。

さらに6試合の出場に留まった1989年オフ、再び戦力外に。巨人に拾われたが、翌1990年は一軍出場がなく、現役を引退した。

引退後はベースボールマガジン社の仕事に携わるなどしていたが、2011年に議員となった。現在も政治家としての道を進んでいる。

 

野手「ほ」へ

1990年代退団選手一覧へ