信原拓人-掛布雅之を目標としたロッテの打者

信原 拓人

のぶはら・たくと
生年月日:1976年9月10日
投打  :右投げ左打ち
身長/体重:180cm/80kg
ポジション内野手/外野手
出身  :兵庫県
ドラフト:1994年4位
経歴  : 相生高校-千葉ロッテマリーンズ(1995~2002)

概要

高校時代は通算39本塁打を放ち、三拍子そろった一塁手として知られていた(通算40本塁打としている情報もある)。

1994年にドラフト4位でロッテから指名を受け、入団。1年目の1995年は二軍で二塁と三塁を守り、61試合、打率.217、2本、16打点の成績を残した。

翌1996年は二軍で36試合、打率.279、3本、8打点と打撃成績が向上。しかし、翌1997年は二軍で57試合、打率.245、1本、6打点と成績を落とした。

そろそろ一軍に上がりたい4年目の1998年だったが、41試合、打率.264、2本、12打点と可もなく不可もなくの成績で一軍へ上がれず。

1999年、2000年も二軍で打率2割台と3割以上を打つことができなかった。

転機が訪れた年が7年目の2001年。代打、指名打者として一軍で11試合に出場し、打率.250、1本の成績を残した。

しかし、翌2002年は二軍で打率.141(177-25)、0本、5打点と絶不調に陥り、オフに戦力外通告を受けて現役を引退した。

三拍子揃ってはいるものの、飛びぬけた長所がない点が一軍での出場機会を得られなかった原因か。チャンスを貰った翌年に成績を下げたところも痛かった。

 

野手「の」へ

2002年退団選手一覧へ