末廣五大-3年目ですぐに引退

末廣 五大

すえひろ・ごだい
生年月日:1977年6月20日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:176cm/74kg
ポジション内野手/外野手
出身  :熊本県
ドラフト:1995年6位
経歴  : 熊本工大高-千葉ロッテマリーンズ(1996~1998)

※一軍出場無し

概要

1995年にロッテから6位指名を受けて入団。50メートル5秒9の俊足強肩で、守備範囲も広いという前評判だった。

1年目は二軍で45試合に出場し、打率.205、0本、0打点という成績。内野手登録だが、外野手で31試合、遊撃手で2試合出場と、外野での出番が多かった。

2年目となる1997年は、二軍で64試合に出場し、打率.193、1本、7打点。この年は遊撃手として21試合、二塁手として19試合に出場しており、本来の内野手としての出番が多かった。また、14盗塁と俊足も見せつけている。

そして3年目となる1998年に、二軍で打率.278、2本、14打点と自己最高成績を残したが、オフに現役を引退。

高卒3年目とまだ若いだけに、なにがあったか非常に気になる。二軍で打率は悪くなく、俊足も見せられていたが……。どうもネットの情報を見る限り、怪我が原因だったようだが、詳細は不明。

ちなみに名前の「五大」は「5大陸のように大きな人間になってもらいたい」という理由からつけられたもの。

 

野手「さ行」へ

1990年代退団選手一覧へ