木村昌広-191cmの長身が武器

木村 昌広

きむら・まさひろ
生年月日:1974年8月16日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:191cm/88kg
ポジション:投手
出身  :東京都
ドラフト:1998年4位
経歴  : 拓大一高-拓殖大学-日立製作所-オリックスブルーウェーブ(1999~2001)-中日ドラゴンズ(2002~2003)
持ち球 :ストレート、フォーク、速いスライダー


※Wはウエスタンリーグ成績

概要

社会人の日立製作所では、1997年、1998年と2年続けて都市対抗で投げるなど活躍。1998年は日本代表にも選ばれており、同年オフのドラフトでオリックスから4位指名を受けて入団した。

入団時の評判は、最速145kmのストレートを191cmの長身から投げ下ろすというもので、変化球ではフォークと速いスライダーを投げた。

1年目は二軍で12試合、2勝2敗、防御率4.40という成績を残し、一軍では8月にプロ初登板。勝利は挙げられなかったが、防御率2.79と結果を残した。

ところが、2年目は5試合で防御率15.43とさっぱり。二軍では18試合、4勝4敗、防御率3.47という成績だったが、一軍で結果を残せなかった。

さらに3年目の2001年は一軍でも二軍でも防御率6点台という結果で、オフに戦力外となった。

その後、中日に拾われたが、2002年は2試合の登板に終わり、2003年は一軍登板なし。オフに再び戦力外となった。

中日時代はかなりコントロールが悪く、結果を残せなかった理由もそこにありそう。恵まれた体格と球速、速い変化球を持っていたことから、期待は高かったようだが。

 

 

投手「か行」へ

2003年退団選手一覧へ