ウィリー・バンクス-チーズバーガー好きなオリックスの投手

ウィリー・バンクス 

ウィリー Willie Banks
生年月日:1969年2月27日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:186cm/91kg
ポジション:投手
出身  :アメリ
ドラフト:なし
経歴  :セントアンソニー高校-ツインズ-カブス-ドジャース-マーリンズ-ヤンキース-ダイヤモンドバックス-オリックスブルーウェーブ(1999~2000)
球種  :ストレート、チェンジアップ、カーブ

概要

来日する前はメジャー数球団でプレーしていたジャーニーマン。ツインズ時代の1993年には11勝12敗を記録したこともある。ちなみに1996年は肩の故障により、1度も投げられなかった。

1999年に、メジャー通算147試合、31勝38敗、防御率4.93という実績を引っ提げてオリックスへ入団。しかし、荒れ球の投手で、1A、2A、3Aの各リーグでシーズン最多暴投を記録したという不穏な前情報も聞かれていた。

話題となったのが、ウィリーはチーズバーガーが大好物だということ。抑えを期待されていたこともあり、オリックスは「セーブ1つにつきチーズバーガー1個」という変わった出来高契約を結んでいる。

しかし、1年目は13試合、3勝3敗セーブ、防御率3.94と今一つの成績だった。防御率はそこそこだが、29回2/3を投げて与四球21、暴投3と、前情報通りの制球難では苦しい。二軍でも4勝1敗、防御率3.20と、悪くないが良くもない成績だった。

それでも自由契約とはならずに迎えた2年目だったが、一軍登板がないまま、6月22日に契約解除となり、ウェーバー公示にかけられた。

ストレートを武器とした投手で、変化球はチェンジアップとカーブを投げた。野球ゲーム「パワプロ2000」ではスライダーも投げているが、本当に投げていたかは未確認。

 

投手「あ行」へ

2000年代退団選手一覧へ