水尾嘉孝-1億円ルーキーとして話題に

水尾 嘉孝

みずお・よしたか
生年月日:1968年5月2日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:177cm/72kg
ポジション:投手
出身  :奈良県
ドラフト:1991年1位
経歴  : 明徳義塾-福井工業大-大洋ホエールズ(1991~1994)-オリックスブルーウェーブ(1995~2000)-西武ライオンズ(2001~2003)
持ち球 :ストレート、スライダー、カーブ、晩年にはシュートとフォークも投げた

概要

大学時代は日米大学野球、全日本大学野球大会などで活躍。「大学ナンバーワン左腕」の触れ込みで1990年のドラフトで1位指名を受け、当時としては最高額となる契約金1億円で大洋に入団した。

ところが、横浜時代は成績を残すことができず。映像を見ると、この頃はストレートが140km台前半、スライダーが120km台半ばほど、カーブが110km台後半だった。

目立った活躍ができないまま、1994年オフに渡部高史、堀江賢治と共に飯塚富司+伊藤敦規との交換でオリックスへトレードされることに。

移籍初年度は二軍で15試合に投げて3勝3敗、防御率2.04と好調。一軍でも1試合、6回を投げて防御率1.50と結果を残し、初勝利を挙げた。

翌1996年も二軍で30試合に投げて防御率1.54と結果を出したが、一軍では1試合の登板のみ。しかし1997年、一気に才能が開花。橋本武広と並びリーグ最多となる68試合に登板した。

さらに翌1998年も55試合で防御率1.89と活躍。この頃はストレートが130km台後半から140km台前半辺り。スライダーが120km半ばの球速だった。

1999年は9月に左ひじを手術するなどして30試合の登板に留まると、2000年は9試合のみの登板に終わり、オフに戦力外。

それでも西武へテスト入団し、2001年は48試合登板と復活を見せた。この年はフォークとシュートを多投するなどモデルチェンジしていたようだ。

翌2002年も35試合に投げて防御率1.80と結果を残したが、2003年に2試合の登板に留まると、オフに再び戦力外に。その後メジャー挑戦を図ったが、メジャーデビューとはならなかった。

ちなみに2002年はあまりフォークを投げず、スライダーとシュートを中心としていたようだ。

引退後は自由が丘でレストランを開業するなど、まったく新しいキャリアへ進み、マスコミにもたびたび取り上げられていた。

だが、近年は学生野球の指導をするなど、再び野球の道を歩み始めている。

 

投手「ま行」へ

2003年退団選手一覧へ