ジミー・ハースト-美容院のガラスを破壊した広島の助っ人

ジミー・ハースト

ハースト Jimmy Hurst
生年月日:1972年3月1日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:199cm/102kg
ポジション:外野手
出身  :アメリ
ドラフト:なし
経歴  :デトロイトタイガースなど-広島東洋カープ(2003)

概要

ホワイトソックスデトロイト・タイガース、米独立リーグニューアーク・ベアーズなどを経由して、2003年に広島へ入団した助っ人外野手。

前年、ベアーズに在籍していた際に、アトランティックリーグで打率.341、35本、101打点の成績で三冠王になっており、その打撃が期待されていた。

また、独立リーグ時代の2001年に22盗塁、2002年も10盗塁をマークしているので、脚も速かったようだ。

広島入団後のキャンプ初日に行われた打撃練習では、場外弾を放ち、球場の外にある美容室のガラスを破壊するという事件が発生した。このエピソードが、ハーストのパワーの凄さを物語っている。 

だが、開幕してみると当たれば飛ぶものの当たらないという典型的なパターン。 守備も肩はいいものの、他の面はそこまでよくなかった。

結局、シーズン途中で試合中に怪我をし、以後出番なし。オフに退団の運びとなった。

パワーには目を見張るものがあったが……。

 

野手「は行」へ

2003年退団選手一覧へ