森山一人-四国独立リーグのコーチへ転身

森山 一人

もりやま・かずと
生年月日:1973年12月19日
投打  :右投げ両打ち
身長/体重:179cm/79kg
ポジション:外野手
出身  :島根県
ドラフト:1991年6位
経歴  : 邇摩高校-近鉄バファローズ(1992~1998)-福岡ダイエーホークス(1999~2002)

概要

高校時代はエースとして活躍。1991年に近鉄から6位で指名され、内野手として入団した。

しかし、パンチ力のある打撃と俊足強肩が武器という評判だったものの、プロ入り後はなかなか打率を残せず。2年目となる1993年は、二軍で49試合、打率.189、1本、3打点、3盗塁という成績だった。

4年目となる1995年に外野手へと転向。二軍で46試合、打率.239、1本、10打点という成績を残した。

翌1996年も二軍で72試合に出場したが、打率.228、0本、13打点。なかなか好成績を残すことが出来なかった。

6年目となる1997年4月9日にプロ初出場。代走でのデビューだった。しかし、2打席で2三振と結果を残すことができず。二軍降格後は今までより少し成績を上げ、72試合、打率.248、2本、14打点という成績だった。

翌1998年に二軍で44試合、打率.182、3本、8打点という成績に終わると、オフに自由契約。それでもダイエーにテスト入団し、現役を続けた。

この頃になると守備力は一軍クラスという評価のされ方をしていた。しかし、どうしても打率を上げることができず、1999年は9試合、4打数で0安打。二軍でも怪我をするなどして結果を残せなかった。

翌2000年の一軍最終戦でホームランを放ち、これがプロ初安打。翌年に望みを繋げたが、2001年は1試合、2002年は出場なしに終わり、同年に現役を引退した。

 

引退後は高知ファイティングドッグス徳島インディゴソックスのコーチへ就任。角中勝也らを指導した。

ちなみに名前の「一人」は、1人でも生きていくことができるようにという意味をこめてつけられたとのこと。 小学1年生でも書くことができるように、というのも理由だったらしい。 

Wikipediaによると2002年に両打ちへ転向したことになっているが、1993年時点で両打ちのため、これは間違いである。

 

野手「ま行」へ

2002年退団選手一覧へ