五月女豊-阪神、西武、大洋でプレー

五月女 豊

さおとめ・ゆたか
生年月日:1949年4月13日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:180cm/82kg
ポジション:投手
出身  :栃木県
ドラフト:1972年1位
経歴  :鹿沼農商高-日本石油-阪神タイガース(1973~1975)- 太平洋クラブライオンズ(1976~1981)-大洋ホエールズ(1982~1984
持ち球 : ストレート、大小のスライダー、シュート、ライオンズ時代にフォークも覚えた

概要

高校では1967年夏に甲子園出場するが1回戦で敗退。社会人の日本石油へ進むと、日本生命を相手にノーヒットノーランを達成するなど活躍を見せ、1972年に阪神からドラフト1位指名を受けた。

即戦力の期待がかかったが、阪神時代は3年で23登板と活躍できず。しかし、1976年に片岡新之介とのトレードでライオンズへ移籍すると、リリーフを中心に登板機会を得た。

移籍1年目となる1976年は22試合に登板、翌1977年も21試合で投げた。しかし、1980年は7試合、翌1981年は登板なしと出番が減り、大洋へと無償トレードされることに。

するとこれがハマり、翌1982年は自己最多となる58試合で投げて、6勝3敗、防御率3.56と結果を残した。

本人がのちに語ったところによると、クラウンライター時代の監督・根本陸夫からフォークを投げるように言われて投げ始めたことが、この活躍に繋がったようだ。

しかし、登板が大きく増えたことが影響したのか、翌年以降はひじ痛に悩まされて不調に。状態は上がらず、1984年に引退した。引退後は地元・栃木県に戻り、保険代理店の代表へと転身。

140kmを越えるストレートと大小のスライダー、シュート、クラウンライター以降は根本から教わったフォークボールも投げた。

 

投手「さ行」へ

1980年代退団選手一覧へ