福家雅明-引退後はテレビの道へ

福家 雅明

ふくや・まさあき
生年月日:1959年4月10日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:185cm/71kg
ポジション:投手
出身  :兵庫県
ドラフト:1981年4位
経歴  :天理高校-三菱自動車川崎-阪神タイガース(1982~1988)- 近鉄バファローズ(1989)
持ち球 :ストレート、SFF、カーブ、スライダー

概要

天理高校時代は甲子園に通算4度出場。1977年春の甲子園では、山沖之彦を相手にしたが敗れた。ちなみに当時はストレートとカーブしか投げていなかったという情報がある。

その後、社会人を経由して1981年のドラフトで阪神から4位指名を受けて入団。投げ下ろすストレートとフォーク(SFF)を武器とする投手で、他にカーブ、スライダーも投げていた。だがコントロールが悪いという欠点があり、阪神時代はもっぱら敗戦処理を中心に投げていた。

一軍で1登板に終わった1988年にトレードで近鉄へと移籍したが登板はなく、同年オフに退団。

引退後はテレビの制作会社「大阪東通」へ入社し、さらにskyAへと移った。skyAでは番組ディレクターも務め、野球番組を手掛けた。

 

投手「は行」へ

1980年代退団選手一覧へ