伊藤義弘-折れたバットが当たる不運に見舞われた

伊藤 義弘

いとう・よしひろ
生年月日:1982年6月2日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:177cm/78kg
ポジション:投手
出身  :福岡県
ドラフト:2007年4位
経歴  :東福岡高國學院大JR東海千葉ロッテマリーンズ(2008〜2016)
持ち球 : ストレート、スライダー、シュート

概要

2007年に行われたドラフトで4位指名を受けてロッテへ入団。前年に退団した小林雅英の背番号30を与えられるなど期待がかかった。

 

ルーキーイヤーの1年目から開幕一軍を掴むと、リリーフとして51登板を果たす活躍。荻野忠寛と共に、前年に退団したYFK(薮田安彦藤田宗一小林雅英)の主力リリーフが抜けた穴を埋めるかのように働いた。

 

150キロに迫るストレートとスライダー、シュートの横の揺さぶりで攻めるタイプ。59回を投げて与四球23、与四球率3.51とやや制球に難があり、被安打も55。勝ちパターンで登板させるには怖かったのか、ビハインドの場面など便利屋としての起用が多かった。

 

2年目の2009年もイニング57回1/3を上回る63奪三振奪三振率9.89を記録するが、防御率4.55と不安定さも残った。

 

しかし、3年目となる2010年は安定したピッチングを見せて勝ちパターンに組み込まれると、30ホールドをマーク。シーズン最終戦では小林宏之に代わって9回に登板するなど、不安定になりつつあった小林宏を救う活躍も見せた。

 

この頃になるとシュートを投げないようになり、ストレートとスライダーの2球種で押すようになっていた。スライダーは130キロ台の高速のものと遅いものを使い分けていたように見える。

 

だが、4年目となる2011年の9月1日に行われた試合で陽岱鋼のバットを折り、打ち取った際に折れたバットが脚に直撃。血が出るほどの怪我を負ってしまう。

 

さらに5年目には怪我を連発。わずか6試合の登板に終わってしまった。6年目の2013年は開幕一軍入りし、17試合に登板するが防御率は10.61。この後も登板数は1ケタ台に止まり、シュートを再び投げ始めるなど試行錯誤が続いた。

 

しかし2014年、2015年も1ケタ台に終わり、2016年に一軍登板が0に終わると戦力外に。

 

2008年〜2011年にかけて50試合以上登板した疲労と、2011年に負った怪我がたたっての低迷だったか。リリーフとして主力級の活躍を見せていただけに、早くに引退したことはもったいなかった。

 

引退後は体育教師の道を目指すため、日本体育大学大学院へと進んだ。

 

投手「あ行」へ

2016年退団選手一覧へ