田中調-東映とヤクルトで投げた

田中 調

たなか・みつぐ
生年月日:1944年6月17日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:175cm/65kg
ポジション:投手
出身  :香川県
ドラフト:なし
経歴  :高松高校-東映フライヤーズ(1963~1971)-ヤクルトスワローズ(1972)
持ち球 :ストレート、大きなカーブ、スライダー、シュート

概要

高松高校から東映に入団。

2年目からリリーフとして台頭すると3年目に17勝をあげるなどの活躍を見せ、1969年まで好成績を残すが、1970年の春に田中と同僚の森安敏明が八百長に関わっていたことが明らかになる。

知られているとおり森安の方は永久追放処分を受けたが、田中は厳重注意にとどまった。

だが、この黒い霧事件の影響なのか成績は低迷。藤原真とのトレードで1972年にヤクルトへと移籍することになる。

だが、ここでも好成績は残せず、この年限りで引退。まだまだ若く、30歳も超えていなかった。

大きなカーブを中心とし、他にスライダーとシュートを投げる技巧派投手。

黒い霧事件さえなければもう少し活躍出来たのではないだろうか。もったいないことだ。 

 

投手「た行」へ

1970年代退団選手一覧へ