松谷栄司-高校時代に完全試合

松谷 栄司

まつたに・えいじ
生年月日:1944年5月7日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:179cm/78kg
ポジション:投手
出身  :北海道
ドラフト:なし
経歴  :北海高校-東映フライヤーズ(1963~1967)
持ち球 : ストレート、シュート、スライダー、カーブ

概要

北海高校3年生時代の1962年に、夏の甲子園大会大会二回戦で室蘭高校相手に完全試合を達成。三振15を奪う快投だった。その後甲子園本戦に出場し準々決勝へ進むが、左脚を骨折して敗退する不運に見舞われた。

 

その年の秋に西鉄、阪急、東映で争奪戦が起きたが、松谷は東映入りを希望し、そのまま入団する運びとなった。元々は3球団以外にも獲得競争に参加する球団があったようだが、骨折により注目度が下がったようだ。

 

入団後2年間は登板が無かったが、1965年に2登板。10月24日に西鉄を相手に9回2失点完投で初勝利を上げる。

 

翌1966年の春キャンプでも水原円裕監督から期待されていた。ところが、何があったのか1966年の登板は1試合のみ。1967年は登板ゼロになるとオフに退団してしまった。当時、左腕が少なかった東映にとって松谷は貴重な戦力だったと思うのだが、どうしてしまったのだろうか。

 

どういうタイプの投手だったかはわからないが、シュート、スライダー、カーブを投げていたようだ。

1966年のオープン戦では外角へシュート、内角に直球とスライダーを投げ分けていたようなので、横の揺さぶりを武器とする投手だったのかもしれない。 


投手「ま行」へ

1960年代退団選手一覧へ