森光正吉-高校時代にノーヒットノーラン

森光 正吉

もりみつ・しょうきち
生年月日:1941年3月5日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:173cm/70kg
ポジション:投手
出身  :高知県
ドラフト:なし
経歴  :高知商業-阪神タイガース(1959~1969)
持ち球 :ストレート、シュート

概要

高校3年時に夏の甲子園、松坂商業戦でノーヒットノーランを達成し、話題となる。さらに準々決勝の平安高校戦でも1安打に抑える活躍を見せた。だが、準決勝では柳井高校に1-0で完封負けし、涙をのんだ。

その後、阪神の田中義雄監督がサイドスローアンダースローの投手を要望したこともあり、入団。阪神の他には広島と国鉄も森光を狙っていたようだ。

アンダースローの投手で武器はシュート。入団時は期待されていたようだが、通算成績はパッとしなかった。26試合に投げた1963年がピークか。

インターネットを見ると、内野手としての出場に触れられているページがあったが、当時の新聞を見る限りでは一塁手などの出場はおそらく偵察要員としての出場である。

 

投手「ま行」へ

1960年代退団選手一覧へ