ロビンソン・チェコ-カープアカデミー出身投手

ロビンソン・チェコ

チェコ Robinson Perez Checo
生年月日:1971年5月5日
投打  :右投げ右打ち(左打ちの時期も)
身長/体重:185cm/82kg
ポジション:投手
出身  :ドミニカ
ドラフト:なし
経歴  :カープアカデミー-広島練習生-時報イーグルス(1994)-広島東洋カープ(1995~1996)
持ち球 :ストレート、スライダー、チェンジアップ、フォーク

概要

カープドミニカアカデミー、広島練習生、台湾・時報イーグルスを経由して1995年に広島入団。ちなみに肘を痛めたことが、練習生から台湾へと移籍するきっかけとなったようだ。

開幕前はそこまで期待されていなかったようだが、1年目から15勝をあげる活躍を見せた。 ただ、出来高契約の問題で揉め、8月20日には先発登板を拒否する出来事も。どうやら、これ以上先発で投げてもボーナスが貰えないため、新しい契約を結ばないと先発では投げない、といったような理由だったらしい。

結局、2日後の22日に先発登板するが、5回4失点ノックアウト。15勝をあげたものの、後味の悪さを残し、さらにオフも年俸やMLBへの移籍で揉めることに。

2年目も在籍することになったが、9試合の登板にとどまり、退団。レッドソックスへ移籍することとなったが、メジャーでは活躍することができなかった。

MAX150km超を誇る速球と、台湾で覚えたスライダー、チェンジアップを武器とする投手で、テンポよく投げた。

1995年7月20日の試合からは、三村敏之監督直伝となるフォークボールを披露。ただ、フォークを覚えた後半戦以降の成績は疲労やモチベーションの低下があったのか、成績は低迷した。

実力はあっただけに、契約で揉めたことが残念な投手だった。

 

投手「た行」へ

1990年代退団選手一覧へ