長谷部康平-地獄のリハビリから復活

長谷部 康平

はせべ・こうへい
生年月日:1985年5月21日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:173cm 70kg
ポジション:投手
出身  :岐阜県
ドラフト:2007年大社1位
経歴  :杜若高-愛知工業大-東北楽天ゴールデンイーグルス(2008〜2016)
持ち球 :ストレート、スライダー、チェンジアップ

概要

愛知工業大時代は大学日本代表に選ばれるなどして活躍。さらに大学四年秋には、北京五輪の予選メンバーにアマチュア野球界から唯一選ばれた。

 

2007年秋のドラフトでは大社ドラフト1位指名を受け、楽天に入団。大物ルーキーとして期待された。

 

しかし、1年目の開幕前に左ひざを負傷して開幕には間に合わず。5月にプロ初登板を果たしたが、シーズンでは13登板(先発6)1勝4敗、防御率9.93と結果を残せなかった。

大学時代は平均球速こそ130キロ後半〜140キロ前半くらいだが、球にキレがあり三振を奪っていた。

だが、怪我後は球速とキレがなく、制球も悪いという状態に悪化。1年目も35回1/3を投げて与四球22と四球を連発していた。

 

2年目は25試合で5勝8敗、防御率5.19と少しマシになったが、それでも及第点の成績は残せず。3年目の2010年には初回先頭打者から四球4連発で押し出し、さらに5番の中村剛也に満塁弾を打たれてワンナウトも奪うことが出来ない間に5失点という屈辱を味わった。

 

2011年に7試合の登板に終わると、翌2012年5月7日に左ひざの手術に踏み切る。術後は3ヶ月もの間歩行ができず、歩行解禁後には歩き方を忘れてしまっていたという。

 

復帰後の2013年は24試合、34回1/3を投げて防御率1.83と活躍。140キロ台のキレのあるストレート、スライダー、チェンジアップを低めに集められていた。さらに2014年も自己最多となる26試合に登板。

 

だが2015年、2016年はまたしても制球に苦しみ、2016年最後の登板は3連続四球で降板。オフに戦力外となった。

 

振り返ってみると、1年目に負ったひざの怪我が痛かった。ただ、想像を絶するリハビリから復帰した点は見事。3ヶ月間歩行できないという状態は「大変」の一言では表せないものがあっただろう。

 

投手「は行」へ

2016年退団選手一覧へ