中日キラーの下手投げ-渡辺考博

渡辺 考博

わたなべ・たかひろ
生年月日:1946年7月21日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:176cm 72kg
ポジション:投手
出身  :東京都
ドラフト:1971年ドラフト5位
経歴  :八王子工業-東海大学-日立-ヤクルトアトムズ(1972〜1977)
持ち球 :ストレート、カーブ、シュート、スライダー

f:id:thomapoke:20220416145045p:plain

概要

社会人時代は日立製作所でエースとして活躍。その後、1971年のドラフトで5位指名を受けてヤクルトに入団した。

1年目から7勝を挙げるなど活躍を見せるが、1976年から成績を落とし、3試合の登板に終わった1977年のオフに退団した。

 

下手投げからコースをつく技巧派で、カーブ、シュート、スライダーを投げ分けた。記録を見る限りでは被本塁打が多い点も特徴。余談だが、眼鏡をかけている。

また、中日キラーであり、プロ初勝利初完封の相手も中日。1975年には中日から4勝を稼いだ。他にも、広島にも強かったという情報もある。

1977年8月13日には、クラブハウスの更衣室にかけておいた上着から金を盗み取られる不運に見舞われた。

選手名鑑や新聞記事で「下手投げ・アンダースロー」と書かれているため、この記事では下手投げと書いたが、写真を見る限りでは横手投げにも見える。どうだろうか。

20170430223313

投手「わ行」へ

1970年代退団選手一覧へ