巨人の星に出演-才所俊郎

才所 俊郎

さいしょ・としろう
生年月日:1942年4月7日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:178cm/79kg
ポジション:外野手
出身  :福岡県
ドラフト:1965年5位
経歴  :八女高校-河合楽器-読売ジャイアンツ(1966~1971)-西鉄ライオンズ(1972)

f:id:thomapoke:20220206162736p:plain

概要

河合楽器時代から俊足巧打で有名だった選手。

1965年の第一回ドラフト会議で巨人から5位指名を受け、新人契約第1号として入団した。

身体能力の高さが有名だったようで、アニメ・巨人の星の67話では、王貞治と才所の身体能力の比較シーンがあった。(もっとも、そのシーンは身体能力は才所の方が上なのに、なぜ王は才所よりも打てるのかというものだったが)

だが、身体能力の高さと野球の成績は直結しない。1971年に巨人を自由契約になった。

このあと西鉄に移籍したが、その年限りで退団。

試合数と比べて打数が少ないため、出場の多くが代走、守備固めであったと想像できる。

 

野手「さ行」へ

1970年代退団選手一覧へ