職業野球

読売新聞が載せた、戦地の沢村栄治について

1938年9月11日読売新聞より。戦地での澤村に対するインタビュー。 澤村「出征してから野球のことはまるで忘れてしまった。“お前は身體が大きいから弾のあたり工合がええぞ”と脅かされて来たが運がよいか、かすり傷一つ負はん、だが中山が負傷した、三原さん…